2007年12月「 やっぱり! 」 145.

「たいちゃ〜ん!」 「ふーちゃ〜ん!」 お母さんだ

「この声は アヤシイ!?」 ボク たい君は 思う

「何か貰える・・・!」 ふーちゃんは す〜ぐ 飛んでっちゃった

ふーちゃんが 走り出せば ボクだって 即 走り出さなくっちゃ〜

カメラを持った お母さんが ニタ ニタ ・・・ ?

この頃の お母さんたら ボク達を撮るより 先ず 花や小鳥だ

夕方が近づいたら ソワソワ ソワソワ、、、 夕陽だ!!! ソレーッ!

ボク たい君 や ふー子ちゃんに カメラを向けるのは  

花や鳥を撮る合間とか 夕陽を撮って帰ってきた時くらいのもんだ

そんな母さんが、、、 変だ? どうしたんだ?

優しそうな声で 「ふーちゃ〜ん」 バシャ! 「ハ〜イ たいちゃん」 バシャ!

大きなカメラになってからは 遠くからでも撮れるし

小鳥を撮ってる時なんかに ボク達が レンズに写ると

「デカッ! まるで怪獣だヮ!」 失礼なことを 平気で言ってたのに

ほんの鼻っ先というか クチバシの前で バシャ! バシャ!、、、 ???

「アッハハ おもしろ〜い!」 パソコン見ながら 笑ってるヨ

アレッ! カメラの形が? 違う、、、?

「雑草の中の 小さな 小さな 花や種を 撮りたいノ ヨ ネ」

それには マクロレンズが必要 ナ ノ ヨ

マクロでなくっちゃ〜! マクロレンズが欲しいよ〜!

騒ぎ出したと思ったら、、、 もう 手に入れちゃったんだナ

プロになる訳でもなし もう充分レンズは揃ってる は ず なのに、、、

お母さんの 友達だって 「エーッ! また 買ったの〜?」 呆れた

先が 見えてるからネ、、、

お金 残したって しょうがないしネ、、、

若い頃は 色々 苦労したし ガマンしたからネ〜、、、

(エーッ! そんなこと、、、 公表しちゃって 大丈夫か?!)

やりたい事は やれる時に やっとかなくっちゃ〜ネ

今 ガマンしたら もう やらないまんまで 終わっちゃうヮ、、、

息子の ボク たい君と 娘の ふー子ちゃんには

シャッター押すのが 楽しくって 楽しくって しょうがない 母さんの

単なる 言い訳にしか 聞こえない

ボクは ふーちゃんには 甘い!  まあ ほぼ 言いなり・・・

お父さんも お母さんには 弱い!  まあ ほぼ 言いなりだろう・・・

ホント お父さんは ボク たい君に似て? 気が弱い?


 へん子の日記 top
 144「 手話 ? 」  146「 第九の季節 」

 紅陶庵   あが八丈太鼓   八丈太鼓の由来  八丈島の太鼓  八丈太鼓と私

 くれない TOP に戻る