2002年12月 「 やきもち 」 26.



お母さんは たい君に やきもちを 妬いて

「 へんちゃん が よその子に なっちゃった みたい ・・・」 と 寂しがってる

挙げ句の果てに 「 たい君の 住んでた家を 探し出して 返してあげよう 」 と

お父さんに 提案した 「 へんちゃんが 寂しがるよ 」

「 たい君は 朝早くから うるさすぎるんだもん ー 」

「 にわとりが 朝 鳴くのは 自然なことだ 」

「 近所迷惑 だョ 」

「 私は うるさい なんて思わない !」 と お父さん

「 じぶんちの 鶏は ウルサクナイ けど よそんちの 鶏の 鳴き声は ウルサイヨ 」 と

お母さんは しつっこく 食い下がったが 結局


「 へん子ちゃんの 幸せを 第一に考える !」 と いうところに 落ち着いた

ヤレ ヤレ ・ ・ ・ それにしても お母さんが
 
真剣に たい君を 連れて行こうと 思っていなかったのは 明白で

たい君が いつまで経っても  自分になつかないのが 悔しかっただけ だと思う

だいたい たい君を 元の家に連れていくような お母さんだったら
 
私のことを もう とっくに 連れてってる はずだもの ・ ・ ・

たいちゃんは 私が お父さんやお母さんの側に 長くいると コッ コッ コッ って呼ぶ


枯れ葉なんかを ひっくり返しながら 呼んでる時もあるから

きっと お父さん お母さんに やきもちを 妬いてるんだヮ

「 美味しい物 が あるよ ー 」 なんて 私の弱点を ついてくるところが にくい !


私 へん子ちゃんは  お母さんから ピーナッツの 殻を割ってもらって 食べる

たいちゃんは 側で 見てるだけ ・ ・ ・ 

お母さんが 私の目を盗んで そっと たい君に ピーナツをさしだす


「 許せない ! 」

たい君が 口にくわえている ピーナツまで きっちり 取り上げて

カァー カァー ガァー ガァー  グワァー

抗議の 大声をあげながら その場を離れる ・ ・ ・ 

たいちゃんは 大あわてで 私を 追いかけてくる

「 意 地 悪 へ ん 子 ちゃん !」 なんて 

お母さんは 私のことを からかう けれど
  
お母さんは 私 へん子ちゃん 以上に たい君を 可愛がったりしないで !!!



 へん子の日記 top  25 「 しつけ 」  27 「 たい君 は ナイト 」

 紅陶庵  あが八丈太鼓  八丈太鼓の由来  八丈島の太鼓  八丈太鼓と私

 くれない TOP に戻る