2003年 8月 「 たい の 尻尾 」 41.



たい君 の 立派な尻尾が 一枚 一枚 抜けていって

ついに 長くて 黒光りしていた 尻尾が なくなった

光の具合で 緑色 や 青色 赤色 紫色にだって 光る 美しい尻尾 だったのに ・ ・ ・

たい君は 立派な尻尾があっても やせて 細かったから 

ほんとに ちっちゃくて 頼りない感じに なってしまった

お母さんは 抜けた たい君 の 尻尾の羽根 が あんまり奇麗なので

拾っては 色んな所に飾った
 
「 どうして 傷んでもいない 奇麗な羽根が 抜けるのか ? 」

お母さんは しきりに 不思議がってる 

たい君 の 尻尾が 無くなったのを 笑っていたら

私も 尻尾だけじゃなく 全身が ムズ ムズ してきて

どん どん 羽根が 抜けていった

お母さんは 私 へん子ちゃん が 丸裸になってしまうんじゃないか? と 心配したし
 
陶房の中に あんまり羽根が 散らかっていたときは

思わず 「 ネコ に 襲われたんじゃないか ? 」 と 疑ったほどだった

そして 私の 短い尻尾の羽根も 抜けて まあるい お尻になった


こうして 私も たい君も ボロ ボロ ヨレ ヨレ スケ スケ の
 
みすぼらし ー い 姿に なってしまった

我ながら ちょっと 気が引けている のに 

お母さんは 「 ツグミ みたい ! 」

お父さんは 「 ニュージーランド の キウイ みたい ! 」
 
二人で ゲラ ゲラ 笑ってるから

私 へん子ちゃん と たい君 は すっごく傷ついた ・ ・ ・ 

からかわれるのは くやしいんだけれど


お父さん お母さんは 羽根が抜け替わる なんていう 経験が ないんだから

しょうがないわネ ・ ・ ・  二人(?)は ガマンすることにした

栄養のある物を いっぱい食べて 

せっせ と 砂浴び と 日向ぼっこ に 精出して ・ ・ ・ と  

その内 新しい羽根が 生えてくるんだも ー ん !
 
冬を迎える頃には ふっわ ふわ の ふっくら へん子ちゃん になって

たい君 だって 立派な尻尾を ピ ー ン と 立てて

お父さん と お母さん の 目の前を


二人(?) 並んで 歩いてやる ー




 へん子の日記 top  40 「 西増夫婦 」  42 「 孫って ? 」

 紅陶庵  あが八丈太鼓  八丈太鼓の由来  八丈島の太鼓  八丈太鼓と私

 くれない TOP に戻る