2007年11月「 手話 ? 」 144.



ボク たい君と ふー子ちゃんは 「クククッ!」 「コココッ!」

嬉しいとき 甘えたり 怒ったり びっくりしたとき 

それぞれ 声を使い分けて お話する

お母さんは ボクやふーちゃんとは それなりに 話しができる

「聞こえない人 とも 話したいナ〜」 お母さんは ずうっと 思ってたんだけど

手話に接する 時間や チャンスに 恵まれなかった!

偶然 素敵な手話通訳をしていた K・Hさんを 発見!!!

ガマンできなくって お願い! 教えて頂けることに、、、 (^_^)v

【ゆきわりそう20周年 第九コンサート】に 『ちょんこめ』さんと 一緒に参加して

沢山の人達が 手話で 会話を 楽しんだり

交流会では 色んなグループが 手話を付けて 合唱した・・・

お母さんも 手話付きの ‘翼を下さい’を 『ちょんこめ』さんと一緒に歌った

K・Hさんの 側にいる時は 覚えたような 気がしてるんだけど、、、

一人になったら こんがらがってしまって、、、 お手上げ!  「ア〜ア!」

八丈島で開かれた ユニバーサルキャンプで 母さんは

色んな部屋を回る 決まりだったのに 「音の部屋」に 入り浸った

「お母さんらしい」 ボクは笑えるけど 他の人には 迷惑だよね

K・Hさんのお友達 S・Oさんが 八丈島へ

聞こえない・しゃべれない 方だったけれど とっても 魅力的な女性

こんな方に会うと、、、 一層 話せないのが 「くやし〜い!」 (T_T)

「分かって! この気持ち!」・・・ 雰囲気を伝える のが や っ と・・・ 

S・Oさんは お母さんの 片言の手話を 補ったり 訂正したり、、、

「大丈夫 大丈夫」 何度も 手話で 慰めて下さった m(_ _)m

「今度会うときは もう少し お話が出来るようになっていたい!」

「出来れば スラスラ 話したい!」 夢はデッカイけど 現実は厳し〜い!

「続けてれば 何とかなるかもね」 な〜んて 母さんは 相変わらず 甘い

今日も 「♪ 私のお墓の前で 泣かないでください〜♪」

♪ 大声で歌いながら、、、 両手を バタ バタ やってるよ

気持ちを込めないと いけないらしいんだけど それどころじゃ〜ない

次は!??? 目が 完全に 泳いじゃってる・・・

お母さんは 「ついでに 新しい歌も 覚えられるから ラッキーだヮ」 

ボクと ふーちゃんの 目の前で 指や手を ヒラ ヒラ

曲げたり 開いたり 閉じたり、、、 これが「たい」 これが「ふー子」

そんなことより 近すぎて アブナイ !

お母さんが 何かを始めるたんびに 被害を受ける

ボク たい君と ふー子ちゃんは たまったもんじゃ〜ない




 へん子の日記 top
 143「 部屋の中 」  145「 やっぱり!」

 紅陶庵   あが八丈太鼓   八丈太鼓の由来  八丈島の太鼓  八丈太鼓と私

 くれない TOP に戻る