2003年 3月 「 お父さん 」 31.



二人(?) と お父さんは かなり 友好的な関係を 結んでいる

お父さんが お風呂を炊いている時は 

クククッ グォッ ずっと側にいて お手伝いをする

単に ウロ ウロ しているだけだ と お母さんは 言うけれど

そんな 単純な一言で 片づけて欲しくない
 
薪から出てくる 虫を片づけたり 細かな木クズを ひろったり 

まあ お腹に入れるんだけど ・ ・ ・

可愛くてしょうがない 一人娘 私 へん子ちゃん と
 
無口だけれど 私 へん子ちゃんを 守っている たい君 が

話し相手をしてあげると お父さんは 目尻を下げ 鼻の下を伸ばして

とっても嬉しそう  能率だって すごく上がるんだから ・ ・ ・

お父さんは 私達と話しをすることで
 
お母さんとの 会話不足を 補ってるんじゃ ー ないかしら ネ ー

お父さんは ピーナツ や こがね虫 よく熟れたミニトマト を ちゃんと 準備してて

私達の為に いそ いそ と 焚き口の側の 切り株の上に 広げてくれる

お父さんの側では たい君も 私と一緒に 食べる

私 へん子ちゃん にも 何故だか よくわからないんだけど
 
お父さんが たい君に優しくしても ちっとも 腹が立たない ???

だから 意地悪して たい君を 固まらせたりも しない

お母さんが たい君に 優しくしたら 許さない !

す ー ぐ 意地悪して かったく 固まらせちゃうんだけど ー ・ ・ ・

お父さんは 無理矢理 抱いたり さわったり しないから

側で 甘えたり ウロ ウロ していても 大丈夫

お母さんは イケナイ !   すっごく キケン !!!

いつでも 抱いたり なでたり しょうと スキをねらってる 

ネコなで声なんかだして 何とか 私達を 油断させよう としているのが
 
見え 見え なんだけど 本人は 気が付いてない

食べ物の魅力に 負けて お母さんの側に 居るときも

ちょっと 気を許していると 大変なことに なってしまうので

いつでも 逃げ出せる 態勢を 整えている 必要がある


この緊張感には なかなか 鍛えられる

母さんは ホント 大人気ない




 へん子の日記 top  30 「 戦う たい君 」  32 「 もう 生むな 」

 紅陶庵  あが八丈太鼓  八丈太鼓の由来  八丈島の太鼓  八丈太鼓と私

 くれない TOP に戻る