2006年 1月「 思い出す 」 100.



「 100 か 〜 」 「 う 〜 ん 100 ね 〜 」 ボクが 感慨に 耽ってるのに

お母さんったら 「 いつもどおり ス ー ッて 書けば 良いんじゃー ないの 」 相変わらずだ

へん子ちゃんから ボク たい君が 引き継いで 30くらい 書いたかな

へん子ちゃんが 亡くなってから 一年と 四ヶ月ほどの 間に

花子ちゃん 富士子のフー子ちゃん 二代目 富士子のふー子ちゃんが 来た け ど

ボク たい君は 今でも 「 やっぱり !」 というか 「 どうしても !」 というか ・ ・ ・ 

へん子ちゃん の ことを 思い出すと 「 胸が キュン ! 」  ウル ウル 、 、 、

台風に 巻き込まれ 何が 何だか 訳が分からないまんま そこら辺を 走り回ってたら 

へん子ちゃんに出会い それからは へん子ちゃん だけを 頼って 生きていた ボク

お母さんは へん子ちゃん の ことを 我が儘 へん子ちゃん

甘えん坊 へん子ちゃん おしゃべり へん子ちゃん なんて からかってたけど ネ

他の人には 「 我が家の娘は 美鶏で 顔も 姿も 一番 ! 」 鼻高々 自慢してた

へん子ちゃんは 毎日 玉子を 産んでた か ら 食いしん坊さん だったんだ ヨ

胸が ボイ ー ン ! ずぅっしり 夕方は 歩くのも 大変そう だった ナ 〜

へんちゃんが 巣箱に入って 幸せそうに 座ってる時は ボクは 側に じっと してるか

一人で そこら辺を ウロ ウロ ・ ・ ・ ウロ チョロ ・ ・ ・ 待ってるしか なかったから

へん子ちゃんが 巣箱から出てきたら ・ ・ ・ ボクは 踊りながら 体当たりぃ ・ ・ ・

そんな 大切な へん子ちゃんが ある夜 猫に 襲われて 、 、、

一人になった ボクは 恐くて 外になんか 居られない 家の中に 閉じこもっちゃった

テレビの前や 鏡の前に 座り込んだり お父さんの 後をついて 歩いたり

お母さんの 膝の上や ストーブに 当たりながら 昼寝したり ・ ・ ・

そんな ボクの 「 人間と 鶏の 区別が付かない 生活を なんとかしなくっちゃ ー 」

お父さんと お母さんは 一大決心 ! 花子ちゃんを 貰ってきた 、 、 、

そして ボク たい君は 花子ちゃんを 守るため お外の 強くて カッコ良い 鶏に 戻った

花ちゃんに 庭や 畑や ちょっと 叱られながら 家の中も 案内してあげた

虫の食べ方や 砂浴びの仕方 なんかも ちゃんと 教えてあげたんだ

ボロ ボロ だった 羽根も 生え揃ってきて 頭の おハゲも なくなり

青白かった 顔色も 赤くなって 垂れてたトサカも シャン ! 綺麗な 女の子に なった

ボクは 花ちゃんの トサカ攻撃を 避ける コツも 身につけたのに ・ ・ ・

ある日 一日中 プ ー と 膨らんで 元気がなかった 花ちゃんは 突然 息を 引き取った !

富士子の フー子ちゃんは ボクが 焼き餅を 焼く く ら い 

お母さんに すぐ 抱かれてしまう おとなし 〜 い 女の子 だった の に 

ボクの 家に 来て 丁度 ! 一ヶ月 目 の 日 

庭に 迷い込んできた 白くて デッカイ ハスキー犬に 噛みつかれて しまった !

二代目 富士子の ふー子ちゃんは 我が家に 来た その日 か ら 
 
どうしても 【 ボク たい君と 一緒に 眠る ! 】 って 利かない もんだから

色んな物を 積み上げて ・ ・ ・  ふー子ちゃんの 強い 希望は 叶った !

へん子ちゃんも 花子ちゃんも フー子ちゃんも 果たせなかった 夢だった の に ・ ・ ・

もし へん子ちゃんが ふー子ちゃんのように ボクの 横で 眠ってたら

今も 元気に ガア ー ガア ー って 我が儘 言ってたかも ・ ・ ・




 へん子の日記 top  99 「 新しい年 」  101 「 お外の鶏 」

1  自立めざして 2  自給自足への道 3  私のひ・み・つ 4  りゅう兄ちゃん
5  ひとり娘 ? 6  ヘン子は大忙し 7  兄ちゃんの発作 8  りゅう兄ちゃんが!
9  お母さんが壊れる! 10 ○○○は香る 11 ダイエット 12 お返事は?
13 悩みの種 14 日記を書く 15 家の中 16 ハト
17 目玉の誘惑 18 お帰り!父さん 19 暑い 暑い! 20 許せない!
21 天から ・・・ 22 たい君 23 へんとたい 24 安眠 ?
25 しつけ 26 やきもち 27 たい君はナイト 28 オッカサンヨー
29 二人(?)そろえば 30 戦うたい君 31 お父さん 32 もう生むな
33 隙をねらって 34 ヒイーヨ! 35 タコウナ 36 慎重? 臆病?
37 しょんぼり 38 床の跡 39 歓喜の歌 40 西増夫婦
41 たいの尻尾 42 孫って? 43 台風 44 あの ヒイーヨ が!
45 猫 か? 46 イタチ 47 写真 48 二人の孫
49 初公開 50 内緒の話 51 一日の始まり 52 私のたまご
53 食欲が??? 54 食料庫 55 散歩 56 インフルエンザ
57 春が来た 58 ボロ ヒーヨ 59 ブロードバンド 60 静かな日々
61 窯炊き 62 今年の第九 63 パソコン 64 母の宝物
65 恥ずかしい季節 66 私の身に? 67 もう 一年! 68 夏の終わり
69 お母さ〜ん! 70 午前1時過ぎ 71 お別れ・・・ 72 ボクが書く?!
73 ホントのボク ? 74 母さんの想い 75 去年の第九 76 男孫・女孫
77 ダメダー!  78 妬けちゃう 79  80 思いっきり
81 春なのに 82 大変だぁ! 83 何処かに? 84 名前は花子
85 ボクの生活 86 花子ちゃん 87 母の興味は 88 似てるかも
89 男同士 90 頑張る花ちゃん 91 イタとお花 92 二つの台風
93 お花の冒険 94 何故???  95 富士子ちゃん 96 フーちゃん
97 ふー子ちゃんだよ 98 ボクの決意 99 新しい年 100 思い出す
101 お外の鶏 102 ふーの食欲  103 母の楽しみ 104 しまった?!
105 遅い春 106 バトル 107 ふーちゃんの卵 108 東京芸術劇場
109 トウモロコシ 110 イタとヒーヨと 111 母さんたら・・・ 112 カラス
113 再開!? 114 挑戦! 115 コッコ 116 復活か?
117 自慢の羽根 118 うっそ〜! 119 ボクの心配 120 H P
121 お互いに 122 あれやこれや 123 デジカメ 124 ‘第九’の魅力
125 写真機 126 大混乱 127 アカコッコ 128 区切り
129 笑える! 130 ふー頑張って 131 つまんない? 132 我家の電化
133 びっくりした〜 134 たまご 135 ちょっとね〜 136 お留守番
137 ぐったり 138 いつまで続く 139 やってきた! 140 例の作戦
141 始まった〜 142 あぶない 143 部屋の中 144 手話 ?
145 やっぱり ! 146 第九の季節 147 声が・・・! 148 過保護 ?
149 寒い冬 150 DVD 151 あしたば 152 大騒ぎ!
153 止めてよ〜 154 大家族 155 親ばなれ 156 空想の中?
157 元気な草 158 観察記録 159 日焼け!? 160 スイカ
161 恒例の行事 162 家族四人 163 やっかみ 164 なんたって秋
165 ギャー 猫! 166 母とイタチ 167 アオサギ? 168 冬だって食欲
169 また 第九 170 どんな 年?  171 友達はPC 172 お父さんは?
173 混乱の中で 174 鳥の写真 175 懐かしい姿 176 久し振り〜!
177 いらっしゃい 178 姉ちゃん? 179 なっちゃんだ 180 パンにカビ! 
181 たまご??? 182 どうしたの? 183 ボクのふーちゃん 184 ふー 何処?
185 どうしょう? 186 このまま!? 187 おんなの子 188 ココちゃん
189 ココを守る 190 元気なココ  191 ボク・たい は  192 色々な想い 
193 私はココ
194 第九の他に 195 新しい年 196 目が回るヮ
197 父さんは何処 198 ワーイ 父さん 199 半年か〜 200 猫・猫・猫 
201 励まされて 202 色々なイタチ 203 ココの想い  204 お し ま い 

 紅陶庵  あが八丈太鼓  八丈太鼓の由来  八丈島の太鼓  八丈太鼓と私

 くれない TOP に戻る