2002年 8月 「 お帰り!父さん 」 18.



お父さんは 「 ちょっと 行ってくるねー 」 って

しょっちゅう どっかに 出かけて行ってしまう

今日は 1ヶ月 振り位で デンマークから 帰ってきた


ワーイ お父さんだ お父さんだ お帰りなさ ー い 「 クククッ 」 「 ククゥ ー 」

「 へん子も 寂しかった から ネ ・ ・ ・ 」 と お母さん も


私が お父さんに くっついて 家の中に入るのを 許してくれた

お母さんは 留守中の 出来事を 色々 話しながら

「 へん子は 猫に とび掛かって ハトを 助けたんだよ 」

まるで 自分が 猫と戦ったような 勢いで 話している

私の 鼻は 少し 高くなった と 思う 

どこが 鼻か ???

鼻の穴は しっかり 二つ 見えているから

その辺り なんだろうけど ・ ・ ・

お父さんも 「 へん子 ! 猫から ハトを 守るなんて すごいね ー 」

自慢の娘の した事を 自分の手柄のように 喜んでくれた

こんなに 誉められると 今更 寝ぼけてた からー

なんて 口が 裂けても 言えない

みんなも ぜひ 内緒に しておいて 欲しい !

お父さんは シャワーを浴びて サッパリ 顔

ソファーに 座って くつろいだ

私も 早速 ソファーに飛び乗って ビールの お相手

おつまみの 枝豆やピーナツは 膝の上で 殻をむいて貰って 一緒に 食べた

お父さんの ヒゲ や 眉毛 を ひっぱったり

薄くなったというか ツルッ となった 頭も つついたり してみた ・ ・ ・

こうして お父さんが 我が家に 帰ってきた 実感を


私 へん子ちゃんは くちばし で じっくり 味わって 確かめた

脚の上に 座ったら 脚中 毛むくじゃら

少し きれいに してあげよう と 引っ張ったら

「 イテー 」 「 イタイ ヨ !」 「 イテッ へん子 何 するのー 」 と


お父さんは いち いち 悲鳴をあげる 「 なか なか 面白い ! 」 

遊んだ ついでに そのまんま うと うと ・ ・ ・ お昼寝  

「 やっぱり 私 と お父さん と お母さん の 3人 ( ? ) 一緒でなくっちゃ ネ ー 」 と


思いながら ・ ・ ・ ・ ・

久し振りの 幸せを かみしめた



 へん子の日記 top  17 「 目玉の誘惑 」  19 「 暑い 暑い!」

 紅陶庵  あが八丈太鼓  八丈太鼓の由来  八丈島の太鼓  八丈太鼓と私

 くれない TOP に戻る