2003年 8月 「 孫って ?」 42.



ある日 孫なる者が その父親と母親に 連れられて 我家に 乗り込んできた

その結果 平安な日々は あっ という間に 打ち破られ

この家の 中心は 私 へん子ちゃん から

孫の チビ姫 【 悠海 ちゃん 】 に 完全に 移ってしまった ・ ・ ・

まだ 一人で歩けない のが せめてもの 幸い だったけど

「 ア ー ! 」 「 キャ ー ! 」  叫ぶだけで 大の大人 四人を 振り回してる

このところ 私 と たい君 は 毎日 家の中に入って 遊んでたのに ナ 〜 ・ ・ ・

お母さんは 「 おいで 〜 」 って  家の中から 呼ぶけれど

私 へん子ちゃん は すっかり ヘソ曲げて いじけちゃった か ら

お母さんが 呼んだって 斜めに 見上げて プイッ !  だ

好物の パンだって ちょん ! と つまむだけで ガ ー ガ ー ガァ ー

文句 言いながら たい君が食べるのまで 止めさせて その場から 離れてく 〜

戸が 開いてたって 二人(?)で 首 伸して 部屋の中を のぞく だけ

「 変な へんちゃん 達 ! 」  お母さんは 笑う け れ ど ・ ・ ・

チビの女の子に 鼻の下 伸して ニヤ ニヤ ニヤケテ 言いなりに なってる

お母さんや お父さんの方が よっぽど 変だ と 思う ヮ !  

なるべく 家にも 近寄らないように していたら

お母さんが チビ 悠海ちゃん を 抱いて 「 可愛いでしょう ・ ・ ・ ! 」 

わざ わざ 私 と たい君 の ところに 自慢しに やってきた

近くで見たら 柔らかそうで ぷくっ と してて

 つい 「 可愛いじゃん ! 」 と 思ってしまった 自分が チィ と 悔しい
 
ホントのところは 突っついて やりたかったのに ・ ・ ・

私のお母さんが 悠海ちゃんの パパ と ママ (息子夫婦というらしい) に

仕返しされたら 可哀想だから その場は 狸寝入り で ごまかしておいた

じいちゃん(私の 父さん)は 歩行器に乗って 我が物顔に 走り回る 

悠海ちゃんの 為に 先に立って サッサ サッサ ! 邪魔物を 片づけてる よ 〜
 
嵐のような 日が過ぎて 三人が 帰った時は ホント 〜 に ホッ ! と し た

まず たい君に しっかり 家の中の 見回りをさせて

安全 と わかってから 私は や っ と 中に入って くつろいだ

しばらく ガマン してたから いつもより 羽目をはずして 遊んだけれど

お父さんも お母さんも 笑いながら 大目に 見てくれた

やっぱり お父さんとお母さんは 人間の チビ孫 なんか よ り

私 へん子ちゃん と たい君 の方が 大好きなんだ ワ ネ



 へん子の日記 top  41 「 たいの尻尾 」  43 「 台風 」

 紅陶庵  あが八丈太鼓  八丈太鼓の由来  八丈島の太鼓  八丈太鼓と私

 くれない TOP に戻る