2009年 9月 「ココちゃん」 188.



ボク たい君の 生活は 忙がしくなった

女の子が 困らないように、、、

この家のことを 教えてあげなくっちゃ〜

お母さんは 女の子が 貰えそうになって

名前を 考えたんだけどね〜 全然 思い付かない

「まぁ 家に来てから ゆっくり 考えよう」

女の子を ギュッ! と 抱きしめて 帰ってくる 車の中で

自然に ここ ここって 呼んでる自分に 気が付いた

アレッ? 「ココ!」 好い名前じゃない?

そうだ 「ココちゃん」にしよう 勝手に決めた

お父さんは 女の子探しには 熱心じゃなかった の に

実際に 女の子が来たら 色んな名前を 提案したり

可愛いね〜 足が長いね〜 まるで 自分の手柄

お母さんたら 名前は 「ココちゃん」 よろしく〜

歴代 女の子達みんなの 「子」を貰って 【ココ】 ね

何だか 訳のわかんない 説明をして

お父さんを 煙に巻き 黙らせた

「ココちゃん・・・ね」 お父さんも 別に 反対はしなかった

「たいの 希望は?」 なんて 聞いてくれない

可愛い名前だから 「マァ いいっか〜」

みんなで 「ココ!」 「ココちゃん」 呼んでみた

ココちゃんは 不思議そうな 顔してたけど

すぐ 自分のことだと 分かったみたい

ボクは ふーちゃんを 忘れたわけじゃないよ

でも 不安そうな ココちゃんを 放っておけないからね

ボクが この家に 台風で 飛ばされて 来たとき

へん子ちゃんが つきっきりで 面倒 みてくれたっけ ナ〜

もし あの時 へん子ちゃんが いなかったら 、 、 、

ボクは 今でも 木の上で 生活してたかも〜?

へん子・花子・フー子・ふー子ちゃん達が

選んでくれた 「ココちゃん!」 大切にするゾ

ココちゃんは タマゴを 生まなくなってから

しばらく 外で生活してたから 脚も強いし 元気だ

高い所も ピョン! 楽々と 飛び乗っちゃう

ふーちゃんの為に 作った あちこちの階段は いらなくなった

ボクは 弱っていく ふーちゃんに 付きっきりだったし

亡くなってからは ボーッと 座り込んでた

ココを 守るために ボクは 強くならなくっちゃ〜



 へん子の日記 top
 187「 おんなの子 」  189「 ココを守る 」

 紅陶庵   あが八丈太鼓   八丈太鼓の由来  八丈島の太鼓  八丈太鼓と私

 くれない TOP に戻る