2008年 1月 「 過保護 ? 」 148.



ふーちゃんは 羽根の力も 脚の力も 弱い

長い間 小さな ゲージの中にいたから しょうがないんだ

ボク たい君が ヒョイ ヒョイ  ピョン! ビューン!

高い所に 飛び乗ったり 飛び移ったり するもんだから

絶対 無理なのに、、、 ボクの 真似をしては

落っこちたり とんでもないところに ぶつかったり、、、

着地に失敗して 脚をひきずってる時もある

心配でしょうがない お母さんと お父さんは

色々考えて 飛び上がったり 飛び降りたり しなくていいように

段々を作ったり 長い板を持ってきて 渡したり 斜めに掛けたり

ふーちゃんが 無理しないで 生活できるよう 工夫した

ボクにとっては スゴク邪魔なんだけどネ

お母さんは ふーちゃんを抱いて 台から 下ろしたりもする

ボクは 気に入らない 後ろに回って アキレスの辺りを 「エイッ!」

「たい は ヒドイ!」 また お父さんに 言いつけた

お母さんは 単に ふーちゃんを 抱きたいだけに 決まってるのにサ

ボクと一緒に 階段を上ったり イスや縁台に 飛び乗ったり、、、

草や葉っぱを つっつきながら 一日中 庭を ウロ ウロしたり、、、

畑の土を掘り返して ミミズや虫を 引っ張り出したり、、、

 お米 鳩の食事 パン ピーナツ ウインナ 時々は お父さん用お肉

「クククゥ」 ふーちゃんに 甘い お母さん お父さんに おねだり、、、

ボクに 頼りっぱなしの 暢気な生活をしている内に

ふーちゃんは ちょっと おデブちゃんになった

お母さんは ふーちゃんの 好きなパンを ヨーク 知ってる

一番好きなのは 小さな チョコレートの粒が入っている 細長いパン

あちこち お店を回って 探す時も あるらしい

風邪で 寝込んでいる時だって ふーちゃんの パンが無くなれば

お母さんは フラ フラ しながら、、、 パンを買いに出かける

ヒヨドリ アカコッコ アカハラ イタチ 達も 待ちかまえているから

家族4人(?)の割に パンの消費は 半端じゃ〜ない

ふーちゃんは ボクと 母さんと 父さんが

美容に良くないし 体型がくずれるから 「もう 玉子は生むな!」 って

言うんだけどね まだ 玉子を 生み続けているヨ

ボクん家に来た頃は 玉子を生むのも あっけないくらいだったけど

ふーちゃんたら 最近は うたた寝なんかもしながら ゆっくり生む

生んだ玉子も しっかり 胸に抱いて 余韻を楽しむ・・・

猫が いつ 覗きに来るか 分からないからね〜

ボク たい君は ふーちゃんを守るため 気が抜けない



 へん子の日記 top
 147「 声が・・・!」  149「 寒い冬 」

 紅陶庵   あが八丈太鼓   八丈太鼓の由来  八丈島の太鼓  八丈太鼓と私

 くれない TOP に戻る