2006年 7月「 母さんたら・・・ 」 111.



暑い 暑い 梅雨は 明けたのか ナ 〜 ?

雲が ど 〜 ん より 湿度は きっと 100パーセント 超えてる よ 

ふっくら ふーちゃんは も う た 〜 い へ 〜 ん

口 大きく開けて 目玉まで デッカクして ハァッ ー ! ハァッ ー ! 
 
背伸びして 首伸ばして 両腕 持ち上げて 必死で 風通し良く してるのに

「 ふーちゃん そのポーズ 止めて 〜 ! 」 お母さんは 必ず 叫ぶ

ボク たい君と ふーちゃんには ? 何のことだか ちぃ 〜 とも 分かんない  

どうも このポーズは お母さんに お皿の上を 思い出させちゃう ら し い ・ ・ ・

去年の夏 ‘ 肩と 手首が 痛すぎる ! ’ って 【 自主的 自宅入院 】 してた お母さんは

今年は “ 自主的自宅入院の 後遺症が 残っている ! ” と 自己診断した 

それも なか なか 重症 ! なんだって サ

盛んに 「 人間って 駄目だね 〜 いつも やってないと 忘れちゃう ね 〜 」

去年は 雑巾を 絞ったり ちょっと そこら辺を 拭いただけでも

いち いち 神経に ビリ ビリッ ! ひ び く もんだから 

「 もう やだ ! 」 って なあ 〜 んにも やらないことに し て しまって

ノラ 〜 リ クラ 〜 リ だら 〜 けた 一夏を 過ごした ・ ・ ・

確かに 何かの拍子に 「 ウッ ! 」 とか 「 あ゛ぁ ! 」 「 ギャ 〜 ! ! 」

悲鳴を上げて そのまんま 固まる お母さんを ボクは 度々 目撃 (オーバー?) してる

そして ・ ・ ・ 今年は 「 雑巾の 絞り方や 拭き方を 忘れてしまった 〜 」

? そ ! そんな訳 な い でしょ !

要するに 怠け癖が しっかり 身に ついちゃって

家中 うす汚く なってるのを ごまかしてる だ け なんだと 思う

本人は 「 その内 元通りの 働き者の お母さんに 戻る だ ろ う ・ ・ ・ 」

暢気な 顔して 言ってるけど 、 、 、 「 アヤシイ もんだ ! ? 」

ボク たい君と ふー子ちゃんと 勿論 お父さんも 自信を持って 疑ってる

この頃 本当に 久 〜 し振りに 作業台で 土を 捻りながら 悦に入ってる お母さん

「 やっぱ ここは 落ち着くな 〜 」 ニコ ニコ 嬉し そ う

ボクと ふーちゃんは クククッ ! ククッ ! 様子を 見に 行ってあげる

お母さんだって ボクと ふーちゃんの 好物を 準備して 待ってるんだ

ふーちゃんは コォ ー ! コォ ー ! すっかり ワガママ娘になって しょっちゅう

お父さんを 誘いに来る 「 ふーちゃん さっき 掘ってあげた で し ょ う ! 」

な 〜 んて 言いながら お父さんの 目尻は 、 、 、

ふーちゃんのことを ベタ ベタ 触ったり 抱いたり したく って しょうがない お母さんは


何気ない 素振りを 装いながら 秘かに 対策を 練ってる

・ ・ ・ というのが ボク たい君と ふーちゃには バレ バレ なんだけど ・ ・ ・

今日も お母さんは 悪 〜 い目つきで ボク達の 隙を 窺ってる ヨ



 へん子の日記 top  110 「 イタとヒーヨと 」  112 「 カラス 」

 紅陶庵  あが八丈太鼓  八丈太鼓の由来  八丈島の太鼓  八丈太鼓と私

 くれない TOP に戻る