2004年 1月 「 一日 の 始まり 」 51.



1月1日 は 「 明けまして おめでとうございます 」 と

人間界では 挨拶をするらしい

いつものよーうに 一晩 眠っただけ なのに ナー ・ ・ ・

朝 お父さん も お母さん も 「 へんちゃん たいちゃん おめでとう 」 って 

ちょっと 改まった声で言った 鶏界では そんな取り決めは ないけれど

一応 私 へん子ちゃん も 「 ククッ !」  たい君も 「 グォッ !」 と 挨拶を 返しておいた

これが 無難な手口 ( 私達だって ちゃんと 学習する )

といっても 別に 昨日と変わることはなく 静かに ・ ・ ・ いや !

賑やかをとおりこして とんでもなく 騒々しく 一日はスタートした

たい君は 午前3時頃から 「 オッカサン ヨー 」 と 叫び初め

4時頃は もう絶好調 「 オッカサン ヨー !」 「 オッカサン ヨー 」 「 〃 」 「〃」 〃 〃

いくら 私達 二人( ? )には 広すぎる 陶房だといっても 

コンクリート壁の 反響もすごいのに たい君 は 自分の声に酔ってる としか

思えないほど 頭も 胸も 尻尾も ピン と 張って 叫び続ける

陶房を 開けて貰って 外に出ると 残りご飯をねらって ハト が ウロ ウロ


雨が降る日は スズメも集まってくる み ー んな おんなじ顔して こっち見てて

ちょっと気味悪いヮ  それに  あの ボロ ヒーヨ だ

傷が快復してきたと思ったら 「 ビィーッ !」 「 ビィーッ !」 うるさいったら ありゃーしない

頭の上で パンが飛び交い ボロ ヒー が 落とした パンくず を

コッコメ と スズメ が 争ってる 私 へん子ちゃん だって 負けてられない

ヒーヨ は 私達が 下にいることなんか 全く 気にしてない ポトーッ ポトーッ と 好き放題


パンくずは 我慢できるけど こっちの方は ホント 頭に来る
 
いつ どこに 落ちてくるか 分からないから ヒーヨ が いる間は 少しも 油断できない

コッコメ は 物干し竿に止まって 何とか ヒーヨ の 真似をしようとするし


スズメ は お母さんが ヒーヨ に 投げたパンを 空中で 横取りしょうと ねらってる

でも どっちも パンを キャッチ出来るようになるのは なか なか ? ? ?

お母さんを見つけて イタ が 走ってきた ー  私達の目の前で 

「 ギャッ!! 」 とか 「 キュッ !」 とか 鳴きながら パンをもらっては

ピヨン ピョン お尻と尻尾を振りながら 走っていく

私 へん子ちゃん は お母さんの手から 直接 パンを食べる


好みも はっきりしてるから お母さんは 私の好きそうなパンを 選んで買ってくる 

たい君は 貰ったパンを 下に置いて 「 コッ コッ コッ !」 私に 食べさせる


「 パンが 無くなってきたから 買い物に 行かなくっちゃー 」 って お母さん

「 この頃 ちっとも パン 食べてないナー 」 って お父さん それでも

「 ヒーヨ が 来てるよー 」 「 イタ が 待ってるヨー 」 って


いち いち お母さんを 呼んでる




 へん子の日記 top  50 「 内緒の話 」  52 「 私のたまご 」

 紅陶庵  あが八丈太鼓  八丈太鼓の由来  八丈島の太鼓  八丈太鼓と私

 くれない TOP に戻る