2004年 3月 「 インフルエンザ 」 56.



世間で 鳥インフルエンザが 流行っていて

私 へん子ちゃん と たい君 まで 何だか 肩身が狭い

鶏全体が 人間の敵 と 言わんばかりの 報道 振り だから

鶏を飼っている人にまで 危害が及びそうな 気配まである

お母さんが [ へん子の日記 ] も しばらく お休みした方が 良いんじゃ ー ない ? って


私 へん子ちゃん のことを 心配したくらい ・ ・ ・

お母さんは 「 もし へんちゃんが インフルエンザに罹って 死んじゃったら 」

「 一緒に インフルエンザに罹って 死んじゃう !」 って 宣言したら
 
お父さんに 「 それは 良いね 」 って あっさり 賛成されちゃった

あんまり あっさり 賛成されて お母さんは ちょっと 複雑な 心境 みたい

例によって 作業台の上で 昼休みのニュースを 見ていたら

私 と 同じ格好の鶏 が ワンサカ 騒がしく 出てきた が ・ ・ ・

単に 驚いた !!!  なんて もんじゃ ー ない
 
思わず 昼間なのに 我が目を 疑ってしまった

みんな一列に こっち向いて 隙間から 首出して 餌を食べてる

自由に 歩き回れない どころか 後ろ向き にも なれないんじゃ ???

玉子 を 生んだら すぐ どっかへ 転がってっちゃった

これじゃー 玉子を生んでから 嘴で コロ コロ 胸に抱え込んで 

可愛がったり 余韻を楽しみながら 一眠り なんて 到底 出来ないじゃー な ー い !

はては 死んでるのや 死んでないのまで 袋の中へ 詰め込み 始めた ー

私 も たい君 も 目を剥いて 身を 乗り出して 見ていたら

お母さんは 黙って スイッチを 切っちゃった

お父さんは 「 へん たい 畑に行こう 」 って 私達を 誘った

お父さん お母さん は 鶏 の 味方 だから

鶏が 玉子の製造機 みたいに 扱われてて 気味悪ー イ 何だか変 ー ン

鶏が 自然の中で のび のび 生活出来れば いいのに ネ ー 

業者の人が 鶏らしい飼い方をしても 採算が取れれば 良いんだよね

「 たーだ 安ければ良い !」 という  消費者の考え方 も 改めなきゃ ー ね

久しぶりに 真面目に 世に中の事について 話し合った

私 へん子 の 目に 袋が ゴニョ ゴニョ 動いていたのが 焼き付いてて

頭 を 振って も 振って も どっこにも 飛んでいかない


さすがの お母さんも 食欲が ないらしい




 へん子の日記 top  55 「 散歩 」  57 「 春が来た 」

 紅陶庵  あが八丈太鼓  八丈太鼓の由来  八丈島の太鼓  八丈太鼓と私

 くれない TOP に戻る