2006年 9月 「 復活か? 」116.

ボク たい君と ふー子ちゃんは ここんとこ落ち着かない

お父さんとお母さんが 家の中から 色んな物抱えて出てきては

ボク達の側へ  ドサッ! ガシャ ガシャー ! ・ ・ ・

今まで お父さんもお母さんも アリンコのことなんて な〜んにも気にしてなかった

ボク達の食べ残しや ○○○にたかって 綺麗に掃除してくれてたから

アリンコが 家の中を 少々ウロウロ いや 多少ウロウロ してるくらい 見慣れた光景

ところが 普段ほとんど使ってない 日本間の掃除を始めたら

畳の裏というか床 押入の中 タンスの下 雨戸の戸袋の中に

クロアリの巣 ! が 次々 見つかった

クロアリが ゾロゾロ 卵を抱えて シロく見えるクロアリが ゾロゾロ モゾモゾ

ごま塩を こぼした時みたい 、 、 、

シューー ! 薬を吹き付けて やっつけても やっつけても 湧いてくる ・ ・ ・ 

お母さんが したいこと しか しない! という 生活態度だし

自主的自宅入院や その後の 自主認定の後遺症やらで 日常の掃除だけでなく

普通ーの家なら 当然やってる 毎年の大掃除も さぼってたから た〜いへ〜ん !

押入は勿論 家中の戸棚や 天袋の戸を 全部開けて 点検した

埃 蜘蛛の巣や カビも す ご い

これまでは 「何かに使えるかも」 とか 「その内 使うかも」 って 残しておいた物も

今回は 「自分達に 何時 何があっても良いように!」 という 厳しい基準

箱のまま置いてあったような物は 即 福祉バザーに寄付することにして

結構 胸が痛くなるような想いも克服して どんどん処分

この際 二人の息子の 小学校〜高校の通知票や アルバム ヘソの緒なんかも

それぞれに 責任取ってもらうことにした

アルバムなんて 生まれた時から 「結婚する時に持たせよう!」 楽しみに 写真貼ってたのに

未だに この家に置いたまんまになってるのが お母さんは気に入らない

通知票なんて お嫁さんや子供達に笑われそうだから ちょっと可愛そうかな?

捨てる物と バザーへ出す物を 運び出したら 色んな所に隙間が出来た

「この状態を保たなくっちゃ〜」 ボクたい君も ふーちゃんも 思うのに

お父さんは 相変わらず 新聞を切り抜いてるし

お母さんときたら これこそ邪魔としか言いようのない物を 作り続けてる

残るは本棚 ! なんだけどネ

一冊 一冊 集めた本だから これはなかなか ・ ・ ・

最近は どっかにあげようと思っても 断られてしまうしナ〜

ボクは 本棚に飛び上がるたんびに 「大した散財したもんだ!」 呆れちゃう

まあ ボクたい君も ふー子ちゃんも 財産てぇもんを 持ってないから

ホント 気が 楽



 へん子の日記 top
 115 「 コッコ 」  117 「自慢の羽根 」 

 紅陶庵   あが八丈太鼓   八丈太鼓の由来  八丈島の太鼓  八丈太鼓と私

 くれない TOP に戻る