2005年 4月 「 春なのに 」 81.



庭全体が うっすら 緑っぽく なってきて

一日 一日 緑の範囲が広がって 色も 濃く なってくる ・ ・ ・

木や花の新芽も 一斉に吹き出して 若草色が すっごく きれいで 美味しそう

「 萌えだした若草色で 庭が 明るく感じるね 」 って 父さん 母さん


あんまり食べない ボク たい君 だけど 此の頃の草は ちょっと つまんじゃう 

「 へん子ちゃんに 食べさせて あげたかった な ー !!! 」 つ い ・ ・ ・

草かきをしてた お父さんが 「 た ー い!」 「 たい ちゃ ー ん !」 呼んでる

走っていったら コガネムシの幼虫が 10匹以上 コロ コロ ・ ・ ・

「 アッ へん子ちゃん の 大好物 ! 」

ボクは 思わず 「 コココ ! コココ ! へん ちゃん コココ ! コココ !」

大声で へん子ちゃんを 呼びながら そこら辺を 駆け回った

け ど ・ ・ ・ へん子ちゃんが 現れる はずもなく

お父さんは 「 たい君 の だよ 」 「 たい ちゃんが 食べて 良いんだよ 」 あせってる

ボクも 現実に返って ・ ・ ・ で も 2つ 食べるのが やっと だった

へん子ちゃん だったら ペロッ と 食べて 「 もっと もっと ー 」 ・ ・ ・

へん子ちゃん の ことを 思い出したら すご ー く 寂しく なっちゃって

ボクは お父さんの側に くっついて やたら べた べた 甘えてた

お父さんは 机の上に 色んな紙を いっ ー ぱい 広げて
 
非常 ー に 珍しいことだけど 整理しよう と していたところ だった らしい
 
ボクは 机の上の物を つっついたり 引っ掻いたり け落としたり ・ ・ ・

「 コ ー レ !」 「た ー い 駄目だよ ー 」 初めは 笑ってたんだけど

散らかる ばっかりで 全然 片づかない もんだから つ い に
 
ボクを 捕まえて 「 どうにかしてよ 」 お母さんの所へ 持ってかれちゃった

パソコンで 遊んでた お母さんは 「 しょうがないね ー 」

ボクを 受け取って 膝の上に 座らせ メールを 読んだり 送ったり ・ ・ ・

「 さ 日記を 書きましょ 」

ちっとも 気が進まないのに 膝の上だから 逃げ出す わけにも いかない

デジカメで 摂った 写真を 画面一杯に 並べて 「 どの写真 を 使おうか ー ? 」

ド アップ の 自分の顔を 見せられても どうも ね ー

お母さんは ボク たい君 が 実力以上に 写ってる 写真を 必死で 探す

母さんはね 親ばか の上に 大 が 付くんだ



 へん子の日記 top  80 「 思いっきり 」  82 「 大変だぁ! 」

 紅陶庵  あが八丈太鼓  八丈太鼓の由来  八丈島の太鼓  八丈太鼓と私

 くれない TOP に戻る