2010年 4月 「励まされて」 201.



私 ココは 猫が コワイ ヨー!

もと もと 恐がりだった 私は、、、

もっと もっと 恐がりになった 気がする

一人(?)で 外にいるの ヤダ ヨー!

お母さんは 大切な 可愛い娘(私 ココのことヨ)の 姿が

ちょっと 見えないと 「ココ〜」 「ココ〜 何処〜?」

お父さんは お風呂の焚き口で 瞑想したり

長い棒を 振り回したりする 時間を 増やして

私 ココと 一緒にいる時間を 多くしてくれた

お母さんが お出かけするみたいだヮ ・・・ ソレ〜ッ!

戸を開ける前に ちゃんと 玄関の外に 立っている 私 ココ

お母さん達は 「あれー ココちゃん!?」 驚く

並んで、、、と いうより 私 ココは 先に立って 走る

「ココは 早いね〜」 お父さん達は 感心するヨ

私 ココは お母さんに くっついて 走るから

「ココ 危ないよ〜!」 「踏んづけちゃう ヨ〜!」

私に 気をとられて 歩いていると

お母さんは 自分の足が こんがらがって アブナイ!

私 ココが 足元から 離れないもんだから

虫を 掘り出してからでないと 車に乗れない

私 ココを 何とか 誤魔化して 乗り込んだとしても

タイヤの前で グズ グズ ウロ ウロ ・・・

危なくて 車が 動かせないから 結局は 虫を掘らされる

もし 私 ココが ペッチャンコに なったら、、、

想像しただけで もう 目の前が 真っ暗になる お母さん

どうしても 時間が迫っているときは 「お父さ〜ん!」 

慌てて お父さんが 出てきて バトンタッチ

お父さんが 駆け付けられない時は

お母さんは さっさと 私 ココを 抱き上げて

お父さんの所に 持っていく 「グゥ」

お母さんは 私を 触ったり 抱いたりするのが だ〜い好き

私 ココは 触られたり 抱かれたりするのなんて だいキライ!

このことについての 私と お母さんの 食い違いは 大きい

お客さんが 訪ねてきたら 「クククッ」 接待もするヮ

みんな 「可愛いね〜!」って 言ってくれるノヨ 「ククッ」

たい君のことを 思い出すと 淋しいんだけど

私 ココちゃんは 少しずつ 一人の生活に 慣れてきた?


 へん子の日記 top
 200「 猫・猫・猫 」  202「色々なイタチ」

 紅陶庵   あが八丈太鼓   八丈太鼓の由来  八丈島の太鼓  八丈太鼓と私

 くれない TOP に戻る