2009年 8月 「どうしょう?」  185.



ふーちゃんは ???

ボク たい君は どうすれば い い の ?

そこら辺を ビューン 走り回っても ふーちゃんは いない

食欲なんかまるでない 尻尾も頭も下げて ショボン・・・

ふーちゃんが 亡くなる前 じ〜っと佇んでいた

ポーチの日陰 目立たない隅っこに 立ちつくす

夏休みを利用して ニ男一家が やってきて

家の中は 思いっきり 賑やかになった

ずっと ふーちゃんと ボクに会うのを 楽しみにしていた

ゆうちゃんと みいちゃんは ふーちゃんが いないので

がっかりした〜 でも ボクが ションボリしてるのも 心配で

パンやお米を 小さな手で 差し出してくれる

ボク たい君も 頑張って そっと 食べた

お母さんも お父さんも 「たいが 食べてるヨ」 嬉しそう

可愛い声で しょっちゅう 「たいちゃ〜ん」 「たい君!」

「コココッ」 ボクも 元気を出して 「ゴゴゴッ!」

ふーちゃんの 接待していた様子を 思い出しながら

側にいったり、、、 甘えたり、、、 何とか 真似してみた

「たいも 一生懸命 頑張ってるね」 お父さん達は 感心してる

でも ゆうちゃん みいちゃんの 家族が帰ったら もうダメだ〜

ぜんぜん 身体に 力が入らない (-_-)

ある日 戸の隙間を見付けて 部屋の中・・・

天井に一番近いところに 入り込んだ

「ずっと ここにいよう!」 と思ったのに

すぐ見つかって、、、 追い出されちゃった〜 (T_T)

「たいちゃんを 家の中に入れたら ダメ!」 って お父さん

お母さんは 「どこかに 女の子は いないかな〜」

あちこち 電話したり 友人に相談したり、、、

「私が 先に死んだら すぐ 若い子と 再婚しても 好いからサ」

「たいの 寂しい姿と 一人になった自分を 重ねてご覧?」

お母さんは お父さんを 脅かしたりもしてるけど、、、

お父さんは 女の子探しに 全然 協力してくれない

ふーちゃんが 好きだった 額紫陽花の陰で

一日中 座り込んだり ぼ〜んやり立ってる ボク

あんなに 賑やかだった ポーチも

ふーちゃんが 亡くなった日から パタッ!と 静かになった

きっと みんな ふーちゃんが いないのが 寂しいんだナ〜

ボク たい君は どうしょう ???


 へん子の日記 top
 184「 ふー 何処?」  186「このまま!?」

 紅陶庵   あが八丈太鼓   八丈太鼓の由来  八丈島の太鼓  八丈太鼓と私

 くれない TOP に戻る