2007年 1月 「‘第九’の魅力」124.



お母さんは 2003年に 生まれて初めて‘第九の合唱’というのに 出会った

「エー! 60才過ぎてから〜!!?」 な〜んて ビックリしないでね

何しろ お母さんの生活は 音楽と縁がなかった

小学生の時なんか ラジオから流れてくる 歌謡曲を聴いてただけで

「不良になります!」 お祖母ちゃんが スイッチを 「パチン!」 

明治生まれのお祖母ちゃんは 孫が不良にならないで 立派な大人に育つよう

真剣だったんだ、、、 笑っちゃうでしょ。。。

その上 高校に入ってからは ずっと逆立ち人生だったから

流行の歌は勿論 クラシックに触れる機会もなく 歳とってしまった、、、

そんな母さんが 人生の終わり近くで 「第九」と出会い

今じゃ〜 「第九の合唱」に 取り付かれ 飛行機に乗って 歌いに出掛ける

去年は 5月に東京芸術劇場で「ゆきわりそう・ちょんこめさん」達と 一緒に歌い

12月には 東京国際フォーラムで 東混の人達と一緒に歌った
 
本番前の 集中練習に参加するのが 楽しみなんだってサ

お母さんは ホテルに泊まり込んで いそいそ練習に通う・・・

「上手くなってることは 確かだ!」 お母さんが 自分で言ってる、、、

、、、んだから 間違いはない! と 息子の ボク たい君は思う!?

 毎年 「第九」を歌うたびに 色んなことに 気が付く

去年は 大声で叫びすぎ (これは 毎回 おんなじ反省) 

指導を受けていて、、、 3カ所も 間違って歌っていることに 気がついた

こまかな音の動きが いい加減になってた!!! 
 
お母さんは ちゃんと 正しく歌ってるつもりだったから かなりのショック

もう一度 楽譜をしっかり見て CDを注意深く聴いて 

隅々まで 正しい音とリズムで歌えるようになろう! 決心した

「発音がナ〜!?」  「舌が短いかもネ?」 悩んでるヨ〜

問題点は 自覚できたんだけど はたして 改善・克服できるか どうか?

大いに???なんだけど、、、 お母さんは やる気満々

5000人の第九 1万人の第九 ○○県の第九 △△区の第九

あっちこっちで 「第九」を歌ってるという人達に 会ったし

海外で 「第九」を歌うというツアーに 参加した人達から 話も聞いた

色んな国の人達と一緒に 「第九」を練習したり 舞台に立ったり 交流もして、、、

観光・買物が 目的のツアーとは 充実感が 全然 違うって・・・ 

「自分の脚で 動ける内に やりたいこと やっとかなくっちゃ〜ネ」

「どうせ ヒマ なんでしょ!」 経験者に 誘われた

「まあ 自分で 決心さえすれば 良いだけなんど・・・」

その内 いきなり 「行ってきます」 な〜んて 驚かされるかもね

ボク たい君も ふー子ちゃんも お父さんだって 警戒してる




 へん子の日記 top
 123「 デジカメ 」  125「 写真機 」

 紅陶庵   あが八丈太鼓   八丈太鼓の由来  八丈島の太鼓  八丈太鼓と私

 くれない TOP に戻る